「TOKYO SAMPLING 」カセットテープ愛好家は必見! 家電蒐集家の松崎順一によるデジタルコピーの現代に対するアンチテーゼ。

tokyo sampling

TOKYO SAMPLING 勝手に広告  photo credit: Xray40000 via photopin cc

家電蒐集家の松崎順一氏によるエキシビジョン「TOKYO SAMPLING」が表参道で開催される。
カセットテープ愛好家はもちろん、サウンド・レコーディング愛好家も是非とも足を運びたいところだ。

といっても、どんな内容の展示なのか、イメージはわいていないんだが、会場となるPASS THE BATON の案内によると、

日々変貌する東京という街。
その街を音というカタチで採取。
そしてもうひとつ、東京を表現するもの。
それは大量に生産され、大量に廃棄された家電達。
その中でもアナログメディアのカセットテープは、
世の中の音を記録しながら廃棄され続けてきました。
そのカセットテープをリビルト(整備)し、過去の記録を消去し、
現代の東京の音を新たにインプットし作品とした‘TOKYO SAMPLING’。
家電蒐集家として過去のプロダクトを使い、現代をアナログ録音して未来に残す行為を
目的とした、デジタルコピーの現代をアンチテーゼした全て一点物のアートピース。
作品には採取地をポラロイドで撮影したものに音を採取した情報を手描きし添付します。
*会場内では、70-80年代のラジカセも展示販売致します。*
PASS THE BATONのサイトより引用]

ということのようだ。
それでもまだイメージはわかないけれど。ま、自分の目と耳で確認してこようと思う。

松崎順一氏のウェブサイト Design Underground

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください