新しいフルスクリーンモード

ディスプレイいっぱいに写真を大きく表示すれば、写真の魅力や楽しさも、もっともっと広がります。iPhoto ’11なら、写真を見るのも、編集するのも、共有するのもフルスクリーンで。ワンクリックで、デスクトップのアプリケーションやメニューバーなど不要なものが消え、画面中央の一番手前に写真が表示されます。フルスクリーンビューはあなたのディスプレイを1ミリも無駄にしません。「人々」機能のコルクボードも、「撮影地」機能の地図も、スクリーン全体に表示されるので、より多くの「イベント」「アルバム」「プロジェクト」を見ることができます。フルスクリーンの迫力を味わいながら写真を一枚ずつチェックしたい時は、新しいフィルムストリップを使いましょう。スクリーンが大きい。それは作業のための「土地」がいっぱいある、ということ。一番大切な一枚や思い出深いプロジェクトを、じっくりと丁寧に仕上げたい時にも、最高の環境になります。

 

新しいフルスクリーンモード

ディスプレイいっぱいに写真を大きく表示すれば、写真の魅力や楽しさも、もっともっと広がります。iPhoto ’11なら、写真を見るのも、編集するのも、共有するのもフルスクリーンで。ワンクリックで、デスクトップのアプリケーションやメニューバーなど不要なものが消え、画面中央の一番手前に写真が表示されます。フルスクリーンビューはあなたのディスプレイを1ミリも無駄にしません。「人々」機能のコルクボードも、「撮影地」機能の地図も、スクリーン全体に表示されるので、より多くの「イベント」「アルバム」「プロジェクト」を見ることができます。フルスクリーンの迫力を味わいながら写真を一枚ずつチェックしたい時は、新しいフィルムストリップを使いましょう。スクリーンが大きい。それは作業のための「土地」がいっぱいある、ということ。一番大切な一枚や思い出深いプロジェクトを、じっくりと丁寧に仕上げたい時にも、最高の環境になります。

 

新しいフルスクリーンモード

ディスプレイいっぱいに写真を大きく表示すれば、写真の魅力や楽しさも、もっともっと広がります。iPhoto ’11なら、写真を見るのも、編集するのも、共有するのもフルスクリーンで。ワンクリックで、デスクトップのアプリケーションやメニューバーなど不要なものが消え、画面中央の一番手前に写真が表示されます。フルスクリーンビューはあなたのディスプレイを1ミリも無駄にしません。「人々」機能のコルクボードも、「撮影地」機能の地図も、スクリーン全体に表示されるので、より多くの「イベント」「アルバム」「プロジェクト」を見ることができます。フルスクリーンの迫力を味わいながら写真を一枚ずつチェックしたい時は、新しいフィルムストリップを使いましょう。スクリーンが大きい。それは作業のための「土地」がいっぱいある、ということ。一番大切な一枚や思い出深いプロジェクトを、じっくりと丁寧に仕上げたい時にも、最高の環境になります。

ディスプレイいっぱいに写真を大きく表示すれば、写真の魅力や楽しさも、もっともっと広がります。iPhoto ’11なら、写真を見るのも、編集するのも、共有するのもフルスクリーンで。ワンクリックで、デスクトップのアプリケーションやメニューバーなど不要なものが消え、画面中央の一番手前に写真が表示されます。フルスクリーンビューはあなたのディスプレイを1ミリも無駄にしません。「人々」機能のコルクボードも、「撮影地」機能の地図も、スクリーン全体に表示されるので、より多くの「イベント」「アルバム」「プロ


ジェクト」を見ることができます。フルスクリーンの迫力を味わいながら写真を一枚ずつチェックしたい時は、新しいフィルムストリップを使いましょう。スクリーンが大きい。それは作業のための「土地」がいっぱいある、ということ。一番大切な一枚や思い出深いプロジェクトを、じっくりと丁寧に仕上げたい時にも、最高の環境になります。ディスプレイいっぱいに写真を大きく表示すれば、写真の魅力や楽しさも、もっともっと広がります。iPhoto ’11なら、写真を見るのも、編集


するのも、共有するのもフルスクリーンで。ワンクリックで、デスクトップのアプリケーションやメニューバーなど不要なものが消え、画面中央の一番手前に写真が表示されます。フルスクリーンビューはあなたのディスプレイを1ミリも無駄にしません。「人々」機能のコルクボードも、「撮影地」機能の地図も、スクリーン全体に表示されるので、より多くの「イベント」「アルバム」「プロジェクト」を見ることができます。フルスクリーンの迫力を味わいながら写真を一枚ずつチェックしたい時は、新しいフィルムストリップを使いましょう。スクリーンが大きい。それは作業のための「土地」がいっぱいある、ということ。一番大切な一枚や思い出深いプロジェクトを、じっくりと丁寧に仕上げたい時にも、最高の環境になります。